ノミ駆除を行なってかゆみ撃退【健康被害はNO】

近頃増えた鳩への対策【平野の象徴】

近頃では、鳩が自宅のベランダに住み着く被害が増えています。鳩が住み着いてしまうと、泣き声や糞などのトラブルに悩まされることになります。実は、鳩はいきなりベランダに住み着くわけではなく、一定の流れがあることが判っています。まず、最初は鳩は移動中の羽休めとして、明るい昼間の時間にベランダに来ます。何回か滞在して安心できる場所と認知すると、仲間を待つ場所として定住し始めます。その後、しばらくすると、夕方から夜にかけて長時間滞在するようになります。長期滞在しても何も対策をとらないと、鳩は巣を作ることになります。こうなると、鳩は安全な場所と認識してしまうことになります。よって、強い縄張り意識のために簡単に追い出すことができなくなります。

近頃では、ホームセンターに行けば、鳩を追い出すための対策グッズが販売されています。たとえば、ピーコン電気ショックという対策グッズです。これは電気を流して、鳩に危険だと感じさせて駆除する方法です。電気を流すための電力は、ソーラーパネルを利用します。なので、余計な電気代がかかりません。その他にも、バードフリーという鳥類忌避剤も有効です。これを設置すると、鳩には設置された部分が燃え上がっているように見えます。そのため、危険な場所だと認識させることが可能です。ただしバードフリーは、臭いがきつい商品です。共用マンションなどのベランダで使うと、近所迷惑になる場合があります。よって、他の対策グッズを考えたほうが良いです。